東京急行電鉄

●5000系

noimg 【走行音】5210 二子新地→二子玉川
制御装置:VVVFインバーター制御(日立2LV IGBT) 1C4M×2群
主電動機:かご型三相交流誘導電動機(TKM-98) 190kW×4
歯車比:6.21(87:14)

田園都市線の8500系置き換え用として登場した車両です。
側扉や車体工法などが似ていることから、E231ファミリーの一つとしてとらえられがちな同車ですが、足回りをはじめ、電装品は全く異なるものを採用しており、どちらかといえば3000系の正統進化といった感じの車両です。
VVVFは、3000系の奇数番編成に次いで日立IGBTを採用しており、「キーン」という非同期音、そして同期モードへの移行時に非同期音が上がる、この時期の日立IGBTらしい音を奏でます。
歯車比も3000系と同じく6.21(87:14)で、モーターも同車ととてもよく似た音を奏でます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする