東京地下鉄

●06系

noimg 【走行音】06-901 西日暮里→町屋
制御装置:VVVFインバーター制御(東芝3LV IGBT)SVF009-A0 1C1M×4群
主電動機:かご型三相交流誘導電動機 205kW×4
歯車比:7.79(109:14)

1993年のダイヤ改正に伴い登場、10連×1本のみが製造された希少車両です。
営業用の鉄道車両としては世界で初めて、IGBT素子のVVVFインバーター制御を採用した車両として有名で、前述した希少さも相まって、千代田線系統では注目を浴びる車両となっています。
東芝3レベルIGBTを採用しており、非同期音が短いのが特徴です。
同時期に製造された05系の19~24編成にも同じ機器が採用され、走行音は両車とも全く同じです。

●10000系

metoro10000-f-1 【走行音】10918 中村橋→富士見台
制御装置:VVVFインバーター制御(三菱2LV IGBT) 1C4M×1群or4群
主電動機:かご型三相交流誘導電動機 165kW×4
歯車比:6.21(87:14)

副都心線の開業に先立ち、同線用の車両として2006年に登場しました。
丸みを帯びた外観、かつての300形をイメージしたヘッドライトなど、独特な外観が特徴です。
足回りは、05系13次車をベースとしており、性能や歯車比に関しては同じであるものの、VVVFに関しては新型のものが採用されています。
走行音は、ごく一般的な三菱2レベルIGBT車の音で、時と場合によって、若干同期モードへ移るタイミングが異なるようです。
モーター音は05系の34編成以降と似た音を発しますが、同系列と比べて回転数が抑えられていることもあり、少し異なった印象も受けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする