京浜急行電鉄

●新1000形 4連

noimg 【走行音】1453 六郷土手→京急川崎
制御装置:VVVFインバーター制御(東洋2LV IGBT)1C4M×2群
主電動機:かご型三相交流誘導電動機 155kW×4
歯車比:5.93(83:14)

1000形等の置き換え用として登場した車両で、600形や2100形と似たデザインを採用しています。
ステンレス車体の4連は2008年に登場し、前年度の7次車から変更が加えられた、ワイパーカバーの廃止、VVVFと主電動機の国産化等の仕様が受け継がれています。
VVVFインバーターは東洋電機製造製で、同期モードへの移行時の音が少し大きいタイプのものを採用しています。
モーターも国産製(メーカー不明)のもので、三菱IGBTを採用している8連とほぼ同じ音がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする