2018年節分急行バス

2月3日、大須観音と笠寺観音で行われる節分会に合わせて、例年通り両所や近隣駅を結ぶ節分急行バスが、名古屋市交通局によって運行されました。
各地の営業所から様々な車が動員され、普段見ることのできない場所で他営業所の車が走る光景が繰り広げられました。

経路

  • 新・笠系統:新瑞橋〜笠寺観音
  • 大・笠系統:大須観音〜金山〜笠寺観音

車両

大・笠系統

こちらには先が長くないであろう富士重幕NN車が入るなど、かなり注目を浴びました。

浄心のNH-29。同営業所で唯一のKL-HU2PPEEです。

緑のNN-6。引退間近と噂される富士重NN車ですが、節分急行に入るのもこれが最後になってしまうのでしょうか。

緑のNH-218、こちらは特筆することもない…ですかね()

中川のNH-283。

上記の車両を含めてここに入った車両は以下のとおり
浄心:NH-29、NF-25
稲西:NH-131、NH-207、NH-173
御器所:NS-202、NH-261
如意:NH-208
中川:NH-111、NH-236、NH-283
緑:NN-5、NN-6、NH-218

新・笠系統

こちらは以下のとおり。大・笠と比べるとちょっと面白みに欠けるかな…?といった感じも否めず。
鳴尾:NS-139、NS-256、NS-308、NS-316、NS-318、NS-351、NS-352、NKS-2、NKS-7、NKS-19、NKS-21、NKS-22
緑:NH-133
野並:NH-99、NH-135、NH-199、NH-301、NH-304

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする