名鉄バス7401 燃料電池バス

P1060046
2015.5/22 豊田市にて
写真は、名鉄バス豊田営業所に貸し出され、とよたおいでんバス豊田東環状線で運行されている燃料電池バス、名鉄バス7401号車です。
この車両に乗車し、何枚か写真も撮影してきたので、ご紹介します。
燃料電池バスの実証実験自体は、過去に何回か、この豊田市でも、そして他の都市でも行われてきています。
いままでは、日野自動車のKL-HU2PPEEを改造した車両で実験が行われてきましたが、今回は新たに、日野ブルーリボンシティハイブリッド、LJG-HU8JMGPを改造した車両が用意されました。
燃料電池システムは、トヨタ自動車の「MIRAI」に搭載されているものと同じ「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」が搭載されています。

P1060061
2015.5/22 三河豊田駅にて
従来の燃料電池バスと比べるとわかるとおり、電池も機構も、小型化が図られているのがわかります。
また、中扉にはプラグドアが採用されました。

P1060077
2015.5/22 三河豊田駅
リア周りもベース車両から大きく改造されています。テールライト、ウインカー、ヘッドライト、そして車内照明に至るまで、灯火装置にはすべてLEDが用いられています。
乗降中表示器の横にある蓋が水素投入口です。

P1060074
2015.5/22 三河豊田駅(許可を得て撮影)
車内の様子です。とても目立つカラフルな座席は、ドイツのvogelsitze社製のもの。座り心地はなかなかです。

P1060070
2015.5/22 三河豊田駅(許可を得て撮影)
運転席の様子です。シフトレバーは、トヨタ自動車の「プリウス」とよく似たものがとりつけられています。

走行音も公開しておりますので、ぜひお聞きください。
【走行音】7401 宝来町4→五ヶ丘6

この燃料電池バスは、月曜日をのぞく平日朝に3往復、とよたおいでんバス豊田東環状線で運行されています。
→現在は、豊田・渋谷線を中心に運行されているようです。(運行時間は不明)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする